蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 上記以外のもの> 香川景樹和歌軸(茶掛)   江戸時代

香川景樹和歌軸(茶掛)   江戸時代

価格 2万円(税別)

本体29.0x39.5㎝ 全体49.3x108.5㎝ 紙本.唐木軸。景樹は明和5年(1768)~天保14年(1843)の人で江戸時代後期の歌人。父は鳥取藩士荒井小三次。幼くして良く文を読み.書を写し、7歳で和歌を学び始めたと伝えられています。26歳で京都に出、伊藤仁斎門下で鷹司家・西洞院家に仕え、梅月堂香川景柄の養子になり.この頃より歌人としての活躍が始まります。60歳の時に頼山陽も門下に加わり、翌年には代表歌集『桂園一枝』を書き上げ名声いよいよ高まり、多くの門下が集まり、当時の和歌世界の主流、桂園派を形成します。没後.歌風は桂園派の門人たちに引き継がれ、明治の御歌所和歌の源流も桂園の歌風にあったことからも、影響力の大きさが分かります。通称は銀之助.式部.長門介、号は桂園.東塢亭.梅月堂。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ