蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 木製品・漆器> 通い髪結い道具箱(鬢盥)     江戸時代後期 

通い髪結い道具箱(鬢盥)     江戸時代後期 

価格 56000円(税別)

幅15.4㎝ 奥行32.7㎝ 高さ37.0㎝ 重さ2.8㎏。江戸時代に男の髪結いが持ち歩く道具箱も鬢盥と称していましたが、本品の周囲は木目の大変美しい欅の玉杢で出来ており拭き漆で仕上げられ、周囲や抽斗の持ち手は銅金具.上面と前面上部は真鍮製の豪華な彫り金具で装飾されています。上面の蓋はなかったようで、開口部から手を入れ中央裏側の握り手を掴んで持ち運び出来るようになっています。幅14㎝.奥行23㎝.高さ5.2㎝程の空間があり黒漆が塗られていますが、水の入った容器等を入れたようです。前面には5段の抽斗がありますが上部に隙間が見られます。日本人の手仕事ですので当初はピッタリ収まっていたのでしょうがこれだけの隙間を見ても本品の時代の深さを推測出来ます。最上段を引き出すと側面から裏面まで拭き漆仕上げで奥はなだらかに傾斜しており特別なものを収納したようです。2段目以降は抽斗が深くなり.内側と側面には黒漆が塗られていますが底裏は素地のままです。最下段は深さ7.5㎝程ありますが赤く染まっている部分もありますので口紅(紅花)でも収納していたのでしょうか。とすると女性の髪も結ったのでしょうか。底裏には墨書があり.四隅には三角形の補強材.中央部にも小さな三角形の補強材が2ヶ所にありましたが、四隅の補強材のうち3ヶは取れています。経年変化によるイタミ(金具が1ヶ所外れています)も見られますが時代ものとしては保存状態は概ね良好です。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ