蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 黄瀬戸(美濃)徳利   江戸時代初期~前期

黄瀬戸(美濃)徳利   江戸時代初期~前期

価格 4万円(税別)

口径3.9㎝ 胴径8.7㎝ 底径5.4~5.7㎝ 高さ15.7~16.0㎝ 重さ390g 容量380cc。口縁部にポチポチと数ヶ所古い直しが見られますが、本体に溶け込んでいる状態でルーペで観察しないと解からないほどに同化しています。底部.内部を含め全体に黄瀬戸釉が掛けられ細かい貫入が見られます。黄瀬戸の釉色は釉薬に含まれ僅かな鉄分の量の違いにより、酸化焔焼成の際に色々に発色して楽しませてくれます。本品のように良く焼けて釉薬が透明になりピカピカと光るものを俗に「ぐいのみ手」と呼んでいます。撫で回すと輪積み痕や親指での調整.ヒッツキなどで器面がデコボコし、胴最下部の一部が箆で大きく削られており、為に底部が正円形ではなく歪んでいます。底部には糸切り痕が見られ.3ヶ所大きく輪形に削られている部分は置き台の跡なのでしょうか。内部に光を当てると輪積み痕がはっきり見えます。収納箱も変わった箱で.中央部よりやや上の部分を腐らせ(?)皮紐を通しています。箱脇に小さなカラー写真が貼付されています。 なお、口縁部の一部が飛んでいるような.いないような微妙な雰囲気ですが、私は「元のまま」に見えますが各自でご判断お願いします。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ