蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 彫三島茶碗 江戸時代前期~中期 伝世品(共の古箱入)

彫三島茶碗 江戸時代前期~中期 伝世品(共の古箱入)

価格 12万円(税別)

口径12.7~13.0㎝ 高台径5.2㎝ 高さ6.4~6.6㎝ 重さ240g。口縁部に金直しと、そこから発生したニユーがありますが漏れることはありません。高麗茶碗の一つである三島手茶碗は、灰色の素地に細かい文様を縄状に型押しし、その部分に白土を象眼して透明な釉を掛けて焼いていますが、本品の素地は赤茶褐色でねっとりしており.白土ではなく肌色土を象嵌していますので国焼と思考されます(熊本の八代焼ではないかと考えています)。外側は口縁部から胴最下部まで4段に文様が施され、上段の文様は呼び方が解かりませんが、2段目は幅広く暦手文が施され主文様となっており、次いで印花文.蓮弁文が見られます。内側は5段に亘り全面に文様が施され、檜垣文.暦手文.印花文.暦手文.単独印花文が見られますが、やはり主文様は二段に施された暦手文ですが、珍しいことに連続印花文も内側.外側の両面に施されています。使い込まれた味が滲み込み趣のある茶碗に育っています。高台中央部は盛り上がり9個の円形刺突文が重なりあって押されていますが窯印のように思われます。不確かですが李朝にこのような窯印があったような気もしておりますが、朝鮮に外注して作らせた茶碗のような気も少しありますが一応国焼としておきます。共の古箱は粗末なもの(蔵から出てくる江戸時代中期以前のお品はこのような粗末な箱に収納されている場合が多いようです)で汚れており、蓋表中央部に大きく書かれた「暦手三嶋茶碗」の墨書も薄くなっています。蓋裏にも1行書きの墨書があったようですが消してあります。箱も時代物で壊れそうですし紐もありませんが、(後世の)仕覆あります。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ