蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 朝鮮唐津小徳利 桃山時代

朝鮮唐津小徳利 桃山時代

価格 8万円(税別)

口径3.7~3.8㎝ 胴径6.3㎝ 底径5.0㎝の平底 高さ8.9㎝ 重さ135g 容量100cc強。口縁部が離れたものを接着してあります(呼継ではありません)。掛け分け作りで口縁部も底部も正円形ではありません。1㎝前後に伸ばした粘土を板の上に置き、更に輪積みで上部を乗せている痕跡が胴最下部に見られます。無釉部分は輪積痕を箆調整していますが、施釉部分は輪積痕を残し飴釉の上に海鼠釉を薄く掛けており、手で触れると輪積痕が確認できますし、輪積痕が輪線文のように見え景色になっています。無釉部分は濃褐色(チョコレート色)に焼けていますが、底部は暗褐色でデコボコしており、中央部に「十字」見方によっては「×」印があります。これは轆轤上に置くときに付くもので時代の特色の一つでもあります。内部は口縁部からの垂れはありますが無釉です。桃山時代には本品のような小形の徳利が見掛けられますが本来の用途は何だったのでしょうか。古箱入りで蓋表には墨書で「古唐津 朝鮮 藤ノ川内」とあり、蓋裏には「朝鮮唐津 小とつくり」とあります。更に蓋表左隅にボールペンのようなもので「一ノ瀬 ぐい呑」蓋裏右端下に同じく「平十年20万」との書き込みがあります。直しの痕が気になり熱湯で煮沸しましたので姿が幾分変わりました。後程撮影しなおし再掲載します。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ