蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 李朝白磁扁壺 李朝時代初期 

李朝白磁扁壺 李朝時代初期 

価格 12万円(税別)

口径5.7㎝ 胴径17.5㎝ 胴厚さ10.2㎝ 底径4.0㎝ 高さ19.5㎝ 重さ1.2㎏ 容量1200cc。総釉で口縁部の一部に銀直しがあります。扁壺は胴が扁平な壺形の容器で、古代から世界各地に見られ酒壺などに使用されていたようですが、特に注目されたのは朝鮮半島の高麗や李朝の扁壺で、日本では桃山時代の備前焼などに造形上優れたものがあります。本品は台部がなく底部は丸く作られていますので前かがみに自立はしますが不安定です。比較的扁平な面が裏側で.大きく膨らんでいる面が表側だと思います。胴部の表側と裏側を別々に作り合体させ.合わせ目を調整して痕が残っています。合体させた胴部に面取りした頸部を押し込んで仕上げてているようです。表面には中央部に.裏面では縁部に円形線が回っており、横にすると勿論裏側を下にした方が安定します。表側に3個.裏側に6個.側面に1個の指痕がありますので、両手で逆さに持って釉の中へ浸けたのでしょう。表面の縁の部分に指調整の痕があり.中央の円形線の辺りから縁部に向かって指調整(?)の痕が回っています。表面の頸部から胴上部にかけて滲みが出ています。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ