蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 絵志野立酒盃(2) 江戸時代中期

絵志野立酒盃(2) 江戸時代中期

価格 35000円(税別)

口径5.6㎝ 底径は5.4㎝ですが周辺部が削られており中央部の3.5㎝程が底部になるのでしょうか。高さ5.7~5.9㎝ 重さ150gとやや重く感じますが、内側見込部から口縁部までの高さは4.3㎝ですので、底部の厚さは1.4~1.6㎝と厚作りになっているからです。容量70cc。口縁部下で括れやや膨らみ胴下部で若干括れ再度膨らみながら底部へ移行しています。口縁部は薄作りで、内部口縁部下に段があります。胴部には鉄釉で枝葉文のような文様が描かれ、全面に長石釉が掛けられ細かい貫入が見られますが、長石釉が厚く掛けられている部分.釉が剥離している部分などが見られます。小さい器ですが部分部分に景色があり見飽きることはありません。可なり古そうな時代箱に5客収納されていますが、蓋表には「信埜猪口 五個」の墨書が辛うじて読み取れます。下箱の内側底面に猪口の痕が残っていますので時代は可なり遡りそうに思います。箱底の桟は欠損している部分と取れ掛かっている部分があります。一般的に猪口という言葉が何時ごろから使用され.何と呼ばれていたのか解かりませんが江戸時代後期の蕎麦猪口が「千代久」と書かれた箱に収納されていたものを購入したことがあります。本品は写真7枚目の左から2番目ですが箱は付きません。3個以上お買い上げの場合は箱を付けます。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ