蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> 茶道具> 李朝会寧筒茶碗 李朝時代中期 和館茶碗窯

李朝会寧筒茶碗 李朝時代中期 和館茶碗窯

価格 16万円(税別)

口径9,9~10,1㎝ 胴径10,3㎝ 高台径5,5㎝ 高さ9,3㎝ 重さ430g。口縁部下1,0~1,5㎝のところに鍔状の隆帯が廻り、高台部内は縁部から中央部に向かって削り込んでおり碁笥底の様に見えます。長石と土灰を混ぜた土灰釉に籾殻灰を加えて作った卯の斑釉(兎の斑釉)が全面に掛けられ細かい貫入が見られますが、胎土が赤土系の粗土であるが故に見込み部.口縁部下の隆帯部分.胴下部から高台部では青白く発色した卯の斑が景色を作っており、更に高台内にまで飛び釉し景を加えています。全体的には灰緑色に発色している部分が多い様に見えますが、幾分赤味がかっている部分.緑色の部分などもあり見飽きしません。お茶を頂いたあとに見込み部を見た客は驚きの声を上げたのではないかと想像するのも楽しいものです。胎土を見ると会寧か明川周辺の土の様ですが、抹茶茶碗の形態を成していますので朝鮮物ではなく、日本から対馬宗家を通じて発注し朝鮮釜山の和館内に築かれていた和館茶碗窯で焼かれたお品の様に思います。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ