蔵出し品やコレクターからの受譲品が多数入荷中 古民芸・骨董水馬

お気軽にお問い合わせください

古民芸・骨董水馬 TEL:048-652-3710
【受付時間】
10:00~17:00
【定休日】
日・祝・年末年始
メニューボタン

商品紹介

HOME> 商品紹介> その他陶磁器> 朝鮮唐津小徳利   江戸時代初期

朝鮮唐津小徳利   江戸時代初期

価格 8万円(税別)

口径3,3~3,5㎝ 胴径6,7㎝ 底径6,2~6,5㎝ 高さ10,5㎝ 重さ138g 容量140cc。小さな徳利ですが叩き手法で作っている様で軽量に思えます。内側を見ると施釉部分の下段辺りに胴継ぎの痕があります。底部は正円形ではなく1㎝前後に伸ばした粘土の上に、上部を乗せている様子が胴最下部に見えます。無釉部分は輪積痕を指調整していますが、施釉部分は輪積痕を残し黒飴釉の上に海鼠釉を掛けています。手で触れると輪積痕が確認できます。口作りも1ヶ所を押し込んで変化を持たせています。無釉部分は濃褐色に焼けていますが、底部は褐色でデコボコしており中央部に「十字」を作っています。本来は振り出しとして作られたようで、口部の内径も広く金平糖が飛び出すほどの大きさですが、叩き唐津だと値段も3倍程になります。この位の大きさの徳利で晩酌を楽しんでいれば「百薬の長」なのでしょう。

お問い合わせはお気軽に

【営業時間】10:00~17:00
【定休日】日・祝・年末年始

(場合によってはお客様都合に合わせます)
※但しご来店の際はお電話ください。

ページトップへ